眼科でレーシックを受けるときの利点と問題点

眼科でレーシックを受けるときの利点と問題点

眼科でレーシックを受けるときの利点と問題点
タレントさんの中に、メガネタレントと呼ばれる人がいます。常にメガネをかけていて、外している表情を見たことがないような人です。当然のことながらメガネが必要な人かと思っていたら、実はダテメガネだったことはよくあります。レンズが入っていなかったり、ただのガラスやプラスチックがついているだけのものだったりです。そういった人にとっては、メガネは手放せないものになるでしょう。一方、実際に視力が悪くてメガネをかけている人がいます。この人にとってはメガネがないと生活が出来ない状態になります。ですから、面倒だから、高いからといってかけないわけにはいきません。子供の頃からかけている人は、既に慣れてしまっているでしょう。

メガネをかけている人の場合、おとなになるとコンタクトレンズに変える人がいます。これで、見た目はメガネから開放されます。しかし、煩わしさはメガネよりも多いかもしれません。そういった人が受けようとするものに、レーシックがあります。眼科で受けることができるもので、医療の一つになります。残念ながら、保険の適用は受けられないので全額自己負担になります。数万円から10万円を超えることもあります。その代わり、視力が回復したときは、メガネやコンタクトレンズの煩わしさから開放され、さらにはそれらを維持するコストもなくなります。受けてよかった人が多いと聞きます。ただし、全く問題点がないわけでもないので、それについても知っておきましょう。

手術になるので、一定の痛みが出ることがあるようです。我慢できないようなものではないもの、数時間から数日残ることもあるようです。そのうちなくなります。また、ドライアイになることがあり、目薬が必要になることが出てくるようです。これも人によりで、必要ない人もいれば、必要になることもあるのです。すべての人が受けられるものではないことも知っておきましょう。あるクリニックではダメで、別のところでしてもらえることはあります。